若いうちは一戸建て、老後はマンション

若いうちは一戸建て、老後はマンション

マンションか一戸建てか

若いうちは一戸建て、老後はマンション

最近一戸建て住宅のチラシがよく入ってくるようになったんですが、そういったチラシを見ていると一戸建て住宅ってやっぱり良いなと思います。
広さももちろんあって自由に使える空間がたくさんあるし、子供の友人も呼びやすいので一戸建て住宅をいつかは絶対に手に入れたいと思うのです。
見栄を張りたいわけではありませんが、子供が巣立ってしまってから一戸建て住宅を買ったって夫婦2人きりで住んでいるのではなんだかさみしくなってしまいます。
逆に年老いてから夫婦2人きりで生活するのなら、それこそ小ぢんまりしたマンション程度で十分です。持て余してしまうような広さがある一戸建て住宅はそんなに必要ではないかもしれません。
子供が小さいうちこそ一戸建て住宅が必要だと思っています。最近一戸建て住宅のチラシがよく入ってくるようになったんですが、そういったチラシを見ていると一戸建て住宅ってやっぱり良いなと思います。
広さももちろんあって自由に使える空間がたくさんあるし、子供の友人も呼びやすいので一戸建て住宅をいつかは絶対に手に入れたいと思うのです。

不動産担保ローン・不動産担保融資の株式会社産興社

見栄を張りたいわけではありませんが、子供が巣立ってしまってから一戸建て住宅を買ったって夫婦2人きりで住んでいるのではなんだかさみしくなってしまいます。
逆に年老いてから夫婦2人きりで生活するのなら、それこそ小ぢんまりしたマンション程度で十分です。持て余してしまうような広さがある一戸建て住宅はそんなに必要ではないかもしれません。

不動産屋より自分の足

もう10年以上前の話、自分一人で住むワンルームの物件を不動産屋にお願いして探した事があります。その時は余り不動産について知識も無く、新たに自分で住む事、生活していく事に対する期待で心が一杯でした。そのせいか、結局見た物件は二つだけでしたが、いずれも捨て難いいい物件だなぁ~という感情に支配され、その内一つを気に入ってあっという間に契約まで進めてしまいました。ほぼ悩まなかった。今では勿体無かったなと少し後悔しています。何故なら、物件は探せば探すほど出て来るからです。同じお金を出すなら少しでも自分の理想に近い所を選ぶのは当たり前の話ですよね。住む場所というのは生活の基盤となります。そこから全て始まるのです。それだけ重要な事なんです。それに気付いた次の引越しの際は、自分の足で探すという方法を取ってみました。住みたい場所はこの辺りだと決め、自分の足で物件を見て回りました。室内を見る事は出来ませんが、外観から想像したり、ベランダから空きがあるかどうかを確認したり。そして、結局その物件に住む事が出来て思う通りの物件だった時には後悔はありませんでした。「お前が一生懸命やっているのは知っている。だが、この数字はどういうことなのか」  担当の営業部長を問い詰めると、彼はその場で涙を流し始めてしまった。